2005年07月18日

GPWC 其の一

グランプリ ワールド チャンピオンシップ…発足は2001年
チームの利益分配率を不満とした自動車メーカー側が、F1のライバルレースを立ち上げ自らの手で新シリーズを!と発案する。
当時の加盟チームは、フェラーリ(フィアット)・ベネトン(ルノー)・ウィリアムズ(BMW)・マクラーレン(メルセデスベンツ)・ジャガー(フォード)の5社。

その後、2004年にフォードのF1撤退が決定しチームジャガーの脱落。
2005年には自動車メーカー側の代表格であったフェラーリが2008年以降の新コンコルド協定にサインをする事でGPWCより脱退。
※コンコルド協定とは簡単に言うとここでの意味は「F1シリーズに今後も参加し続けますよ」と言う協定。フェラーリは2012年までの契約をFOAとした事になる。
フェラーリの脱退で一時無力化したGPWCだが、アジア圏の代表格メーカーであるホンダ・トヨタが新たに参入し、さまざまなタイヤ供給問題なども含みつつ図式はFIA+フェラーリvsその他の9チーム連合として一気に深刻化。


こんな感じのGPWC現状です。
そもそも発足当時は、自動車メーカー側が利益分配率の交渉を有利に進める為に協力して、体制に対抗する団体として立ち上げたものですが、今となってはお互いもつれにもつれた糸が絡みすぎて、訳分からん状態になりつつある…と言うのが一見した感想。

先だって発表されたレッドブルのフェラーリエンジン使用記事により、おそらく近日中にレッドブルもGPWCを離脱するのではないかと見られていますが
一昨昨日の7月14日には、FIAによりアメリカGPでの騒動に関してミシュラン勢(GPWC側)は全面無罪と発表され、FIAとしてはこの対立事態の収束を図っているようにも見えます。
が、おそらく連合チームとしてはこの程度ではフェラーリのみを優遇しているFIAにほだされる事はないでしょう。今後も結束を強め、要求も多くなっていくのではないかと思います。


こんな事を念頭に置きつつ、改めてGPWCについて考えてみると……
あくまで個人的な印象ですが
ちょっとGPWCには賛同できかねるな、、と。

と言うのは、自動車メーカーが何らかのモータースポーツに参加する姿勢の基本は
何度も書いているように「利益あってなんぼ」が背景にあるからです。
販売台数が思うように伸びなかったり、経営陣が変わったり、参加意義がなくなったと判断すれば
ジャガーのように結構あっさりと撤退してしまいます。

もしも新シリーズとして、2008年にGPWCが正式に始動しても
自動車メーカーが主体である限り
いつかあっさりシリーズ自体が消滅してしまうかもしれないと思えるのです。

また、F1と共に歩み続けてきたフェラーリ無しで本当にファンがお金を落として観戦に行くだけの魅力あるシリーズになり得るのか、と言う疑問もあります。
どこかで目にしましたが
「ルノーなしのF1はあってもフェラーリなしのF1はあり得ない」
のではないか?
今はヒール(悪役)としてのイメージが先行するフェラーリですが、
やはりブランド力、そして老舗としての威厳はやはりフェラーリにしか存在しないと言えます。

1ファンである私がこう感じる原因は
今の参加チームの多くには「ファンと共にF1の歴史を歩む老舗チームになろう」と言う印象を受けない事にあります。
あっさり撤退、あっさり売却。
現代F1にメーカーが参入しすぎた結果、F1の質を上げ、また一方で落としている面もあるのかもしれませんね。

F1でもGPWCでも、メーカーは切る時にはあっさり切ってしまうのは確実で
だからこそメーカー主体で運営しようとするGPWCは胡散臭い、と見えるのです。

今後も…おそらく来年度を待たずして近日中に、多くのGPWC絡みの動きがあるはずです。

FIA側は、おそらくアメリカGP裁定のようになりふり構わず歩み寄ろうとするでしょうし
逆にGPWC側はどこが残ってどこが離れるか(つまりFIAがちらつかせる甘い汁を吸おうとする裏切りも出てくるのでは?)はっきりして来るのではないかと思います。

注意深く、興味深く見て行きたいですね。

とりあえず最後に、今の時点で私が思う事。

駆け引きやパワーゲームで、トップクラスのドライバーを二分して
大好きなレースを詰まらなくしないで欲しい。
メーカーとFIAも争いも微妙だけど、メーカー同士の戦うレースもかなり微妙だよ、と。
私が見たいのは一流ドライバ達が腕を競うレースですから。
…それからGPWCは、名前が何かいかにも適当っぽくてかっこ悪いから改名したらどうだろうかと思ったりしています。
だってインパクトなさすぎ。。。

どっちが良いとか悪いとか、正直まだ分かりません。何となく思う印象で書いた記事です。
途中から混乱してきて、自分が言いたい事がよく分からなくなってしまいました。反省。

ちなみに「その1」とタイトルにしましたが、その2があるかは未定です★
TAG:GPWC F1
この記事へのコメント
ティレルやロータス、ベネトンが消えていったときは随分寂しい思いをさせられました。
これ以上、古参のチームが消えないといいのですが・・・
やはり老舗なくして活性化はありえないと思うので。
Posted by 日光 at 2005年07月19日 02:41
新しいメーカー系チームが参戦するのも、凄くワクワクするし嬉しいんですけどねヾ(;´▽`A``HONDA・TOYOTA辺りの初参戦の年はめっちゃ興奮しましたし。。
でもやはり、古参の老舗達にもバリバリ頑張ってもらいたいです。ほんと、老舗なくして活性化はないと私も思います〜。ベネトンは車体も大好きだったので、なくなるなんて…!!と愕然としました;;
Posted by このアイコンは投稿者が真の管理人である事を証明します at 2005年07月20日 00:17
いつも思うけどF1ってどんどんドライバーの存在感が薄くなってる感じが...もちろんメーカーからすればチームの総合力の戦いなのはわかるんだけど、見ている方はやっぱり世界一早いドライバーを見るつもりで見てる部分多いと思うのよね(´・ω・`) チームの連携がいいのとかは見てて気持ちいい&頼もしくていいけど、もうちょいドライバー以外の部分は縁の下の力持ちでいいんじゃないのかなと毎度思いますです。表面に出てこなくったってファンはみんなわかってると思うし。 その辺も面白くなさを演出してると思うのでした。
Posted by むんむん at 2005年07月20日 06:59
('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン
ドライバよりもタイヤ、自動車メーカー同士の争いになりすぎてるよね〜。
それはそれで面白いんだけどさ。やり過ぎて、ドライバの意思も何もなくなっているのを見ると悲しい。。。。持ちつ持たれつで上手くバランスを取って欲しいです。
そうそう、チーム連携が良いと見てて気持ち良いのはかなりあるよね(笑)また是非タイヤ交換ありにして欲しいです♪見ててワクワクしたーw
Posted by このアイコンは投稿者が真の管理人である事を証明します at 2005年07月24日 01:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
TB拒否ボタン.png
http://blog.seesaa.jp/tb/5163870
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
TBされる場合は、あなたの記事内にTBをしたいこのblogの該当記事へのリンクをお願いします。

この記事へのトラックバック
http://blog.seesaa.jp/tb/5163870

Neko

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。